お届けについて「お客さま視点が発送のカギ」

日々挑戦する、アグレッシブな営業活動

ニッポンハムグループのバーティカルインテグレーションシステムの流れの中で、最も川下にあたるセクションが、お客様とのコミュニケーターである販売部門です。
ニッポンフードグループでは、それぞれの地域に密着した独自のダイレクトルートセールスシステムを確立し、これまでにさまざまな販売チャネルに対応した営業を展開してきました。主な営業形態は、営業部員が担当エリアのお客様を定期的に訪問する提案型営業。こうしたコンサルティング セールス活動でお得意先様との信頼関係を築いています。
さらに、多様化する消費者のニーズに応えるためには、営業部員一人ひとりの情報収集が欠かせません。
お客様と最も近い場所で活動を行っているニッポンフードグループならではのネットワーク&フットワークを発揮して、地域のお客様とふれあい、安全・安心・高品質な食肉の販売に、日夜励んでいます。


ニッポンフード

全国約120ヶ所の営業拠点がそれぞれの地域に密着した独自のダイレクトルートセールスシステムを確立し、国内外で生産・加工された食肉商品を、様々な販売チャネルに対応した営業展開を行う全国ネットの総合食肉ディーラーです。

お肉の専門家ならではのご提案

生活者のニーズ&ウォンツを把握したルートセールス活動

ルートセールスが直接、新鮮なお肉を売場へお届けすることが私たちの基本です。その理由は単に品質管理といった観点だけでなく、売場がさらに魅力的になるようにサポートすることです。全国各地のネットワークを活かし、地域情報を踏まえた提案をしています。


量販店などの売場をお客様視点で調査・研究

量販店などの売場研究も積極的に行っています。お客様視点で市場状況を調査・把握し、地域一番店になるためのアイデアやポイントを提案しています。


こんな商品があったらいいなをカタチにして応援します

ルートセールスでは対応しきれないことに関しても、専門部隊がキメ細かく応援しています。お肉はもちろん、さまざまな加工品などに関しても「こんな商品があったらいいな」をお客様と一緒に考え、ご提案しています。

不備・不具合を解明し未然に防ぐための管理体制

商品の取り扱いに当たって、万一不備・不具合が発生した場合、その原因を明確に出来なければ、また同じようなことが発生するかもしれません。ニッポンフードグループでは、それらの問題に対応すべく「安全管理室」という専門部署があります。不備・不具合の解明だけではなく、それらを未然に防ぐために、現場で適正に業務が行われているか徹底確認し、自社内はもちろんのこと、関連会社、仕入工場にいたるまで、常に目を光らせています。ここまでの管理体制は、法令で定められているものではありません。しかし、食の安全を守る管理者として当然取り組まなければならないことと受け止め、自主的に行っているのです。