ニッポンハムグループの取り組み 安全・安心 トレーサビリティ

トレーサビリティとは

 

食の安全・安心について考える。

人間の日々の活動は、健康によって支えられており、健康には「食」が大きく貢献しています。また「食」には、感動を与えたり、豊かな気分にさせたり、という役割もあります。
しかし、昨今「食」を取り巻く環境は大きく変化してきております。「少子高齢化」によるマーケットの変化。ますます高まり続ける「安全・安心」への関心。企業には時代の「価値観」に敏感に対応していくことが必要とされているのです。
ここでは、食の安全・安心についてを消費者側・企業側と両方の視点から考えます。

1、トレーサビリティって何

トレーサビリティとはTrace(追跡)Ability(可能)を組み合わせた用語で、インターネットなどを使用して食品(食肉)の生産履歴(生産、製造、加工から流通に至る各段階の情報)をさかのぼって明らかにできる仕組みのことです。お客様に「安全・安心」な食品(食肉)をご提供するためには、なくてはならない仕組みなのです。

2、トレーサビリティはどうして必要なの?

お客様が安心して安全な食品(食肉)を買うことができるようにするためには、

  1. 購入する段階で、お得意先様が生産方法等についての情報を入手できること
  2. 万一事故が発生した場合にも素早く原因を究明し、回収できることが必要です。

そのために「トレーサビリティシステム」の確立が急がれているのです。

3、トレーサビリティはどんな役に立つの?

  1. 1. 食の安全・安心情報の入手が可能になります。

    生産者・事業者により生産・加工情報等の記録・保管・公開により、お得意先様が食品(食肉)の生産履歴情報など簡単に得ることができます。

  2. 2. 商品に問題が発生した場合に、迅速に対応ができます。

    食品(食肉)の流通ルートを遡ることによって、何らかの問題が発生した場合に、迅速な回収・撤去が可能になり、お客様が被る被害を未然に防ぐことができるようになります。

トレーサビリティの説明図
 

このページの先頭へ