西日本フード株式会社

管理部門(総務)2014年入社

営業部署が販売業務に集中できるように
計画性のある丁寧な仕事でバックアップ

資質やライフステージで判断
まさに適材適所の人員配置

入社後1年目から、ずっと同じ総務の職に就いています。弊社では、数年で部署異動するケースが一般的なので、私のように異動がないのは珍しいかもしれません。現在当部署は6人体制で仕事をしています。社員一人ひとりのことをしっかり考えてくれる会社なので、個人の資質やそれぞれのライフステージを総合的に判断して、適材適所で人員を配置していると感じています。

私の場合、就職活動時は営業職を志望していたのですが、内定の通知をいただいた際に、総務部での事務職を提案されました。何度か面接を重ね、私の資質から内勤の方が向いていると判断されたのでしょう。当時は、総務が一体どんな職種なのか全く分かりませんでしたが、チャレンジしてみようと素直に思えました。結果的に、今日まで無理なく続けてこられたので、会社の判断は正しかったのだと実感しています。

管理本部は会社の運営基盤を
上手く調整していくのが使命

管理本部は、営業部署が会社の要となる販売業務に集中できるような仕組みや環境づくりに尽力する部署。そのため、日々の業務は各拠点の営業部署とのやり取りが中心で、問い合わせや要望に応えることが多くあります。こちらから提案したアイテムや手法を試してもらい、好評をいただけると大変やりがいを感じます。 

需要の移り変わりが激しい昨今なので、時代に取り残されることがないよう、先を見ながら、変化に対して柔軟でありたいと考えています。具体的には、契約書や納品書などをペーパーレス化していきたいという取引先が少しずつ増えてきた印象があります。SDGsの観点からも、今後はペーパーレス対応のシステム作りに力を入れていく予定です。

イレギュラーな急務にも即対応
普段の計画性と報連相が大切

総務は、他の部署が扱わないような仕事を一括で引き受けることが多々あり、不測の事態や急務が発生することは日常茶飯事です。そのため、常にスケジュールに余裕をもたせることと、日々のレギュラー業務は、徹底した計画性を持って臨むことの必要性を感じます。また、何か頼まれた際には、相手が安心感を得られるよう、報告と連絡を小刻みに入れることを心がけています。

親会社との連携で安心&的確 
迅速で専門的なトラブル対応

弊社は、有事にも即座に専門的な対応ができるところが強みです。本社には管理本部以外に、安全管理室や経営戦略室といった部署があるので、万が一、営業部でお客様とのトラブルが発生した場合でも、トラブルの種類に合わせた速やかな対応が可能となっています。

また、弊社で対応しきれないレベルの問題でも、親会社の日本ハム(株)が擁する専門部署に連絡し、スピーディーで的確な対処ができることは、弊社ならではのメリットだといえるでしょう。全国的に名前が知れている親会社と、普段から頻繁に連絡を取り合う密な関係性が保たれていることは、お客様にとっても大きな安心材料になっていると思います。

CONTACTお取引をご検討
ご意見・お問い合わせの方はこちら
お問い合わせフォームをご活用ください