西日本フード株式会社

営業部門(広域担当)2019年入社

食品を通して誰かに何かを伝えたい
それが私の働く原動力です

仕事をする上で欠かせないのはコミュニケーション
信頼関係を築くために、私が心がけているのは笑顔です

大学時代は経済学部に通い、物流や商品開発について学びました。机の上で学ぶだけでなく、実際に企業とコラボレーションして商品開発をし、販売したこともあります。これは忘れられない体験でした。その時に芽生え、今も大事にしているのが「食品を通して誰かに何かを伝えたい」という気持ちです。

学生時代、将来は食品関係の仕事をしたいと考えていた私は、アルバイト先も飲食関係を選びました。カフェで働きながら一番大事にしていたのは〝笑顔〟です。なぜなら、1杯のドリンクをお渡しする時の自分の笑顔で、お客様を明るい気持ちにすることができると気づいたからです。

学生時代のこうした経験は、今の仕事にも活かされていると感じています。営業という仕事柄、数字を無視することはできません。しかし、お客様との信頼関係が築けなければ数字を上げることはできません。そして、その信頼関係を築くために一番大事なのは〝笑顔〟。私はいつもそのことを忘れないよう心がけています。

お客様の苦労を軽減するため
お客様に寄り添った商品開発を

私が所属する部署は、既存の商品をお客様に提案したり、お客様が必要としているものを開発し、納品に繋げるのが主な仕事です。

お客様が改善したいと悩まれていることを伺ったら、まず弊社としてどのようにお応えできるかを考えます。例えば、仕込みに何日もかかる作業によって、人件費や光熱費が負担になっているという外食店のお客様がいらっしゃるとします。工場を手配して味付けから加熱、カットまでした形で納品すれば、お客様のご負担を減らすことが可能です。実際に行った仕事では、何時間も火加減を見ながら炊き出さなければならないスープを、固形にした商品を開発し提案させていただいたことがありました。

お客様からいただく言葉
「ありがとう」が私のやりがいです

お客様からのご要望を元に開発した商品が、完成した時の感慨はひとしおです。しかし、提案から納品までに1年かかることも少なくはなく、必要なのは〝根気強さ〟だと実感しています。ゼロから物を作る仕事は大変ですが、お客様から「ありがとう、助かるよ」と言っていただけた時は、仕事に対するやりがいを感じます。お客様が困っている際に、真っ先に相談していただける営業になりたい、それが私の目標です。

流行に敏感なだけではなく
流行を生み出す商品を開発したい

日頃から心がけているのは、消費者の動向をチェックすることです。お客様のご要望を商品化するにあたり、流行りのメニュー、レシピ、売れ筋商品といった消費者のニーズに関わる情報は不可欠。そのため、実際にスーパーに足を運んだり、SNSやテレビで情報収集することも大事な仕事のひとつです。

先日、ラジオで弊社製品についてお話させていただく機会をいただきました。その際に思ったのは、今後は消費者の動向をチェックするだけでなく、情報を発信することで消費者の動向を作れたらいいな、ということ。自信を持って開発した商品を消費者の皆様に召し上がっていただき、ひとりでも多くの方に「美味しい」と評価していただくことを目指して頑張っていきたいです。

CONTACTお取引をご検討
ご意見・お問い合わせの方はこちら
お問い合わせフォームをご活用ください