沿革

関東日本フード㈱は、平成27年7月22日付で、東京労働局より「次世代育成支援対策推進法」(※注1)に基づき、「行動計画」を策定・実行し、厚生労働省の定める認定基準を達成したことを認められ、「次世代認定マーク(くるみん)」を取得いたしました。

取組み内容

次世代認定マーク(愛称:くるみん)

  1. 育児休業期間中の代替要員の確保や、業務内容・業務体制の見直しを行い、安心して復帰できる環境を整えました。
  2. 子どもを育てる労働者への短時間勤務制度の期間延長を行いました。
  3. 所定外労働の削減の取組みを行いました。
  4. 年次有給休暇の取得の促進に向け、リフレッシュ休暇・メモリアル休暇の制度を導入し、休みを取得しやすい環境を整えました。

(※注1)
次世代育成支援対策推進法とは、日本の急激な少子化の進行に対応して、次代の社会を担う子どもの健全な育成を支援するため、平成17 年に施行された法律です。この法律に基づき、国・地方公共団体・企業は、次世代育成支援のための行動計画を策定することとされています。(厚労省リーフレット)

関東日本フード「一般事業主行動計画」

両立支援のひろば

地域への貢献活動

関東日本フード㈱は社会貢献活動についても積極的に行っています。その一部を紹介いたします!

★地域清掃活動 本社・量販事業部他

・東京都品川区の勝島運河で開催された「しながわ花海道」の清掃活動に参加。受け持ちの花壇を手入れし、コスモスの種を蒔きました。