中日本フード株式会社

管理部門(人事担当)2014年入社

社員が安心して働けるよう
社内の環境を支えています

各種人事案件についてのエキスパートが揃う部署
社員の皆が安心して働ける後方支援を実直に行っています

私は人事部で、従業員の勤怠管理を行っています。社会保険や給与計算など、地道で繊細な作業ですが、どの会社でも必要とされる欠かすことの出来ない業務を担当しています。そのため、当社の商品である「食肉」と直接関わる仕事ではありません。学生時代には、焼肉屋でアルバイトをしていたので、もちろんお肉は大好きです。そんなお肉を取引先様に販売する営業担当の皆さんが、安心して働けるように支えるのが私の仕事です。

社内の福利厚生、税金や社会保険などを含む各種手当については、非常に細かな管理が伴い大変です。また、法律や制度の改正も度々あり、日々の勉強も必要となります。そのような税金や社会保険の知識について、社員の皆さんにアドバイスしたり、結婚や出産などの大きなライフイベントがあった時には、各種手当が使えるよう迅速な対応をしたりと、働く環境作りの一助を担っていることに働きがいを感じています。まさに、全社員の後方支援役です。

上司も同僚も他部署の方々も
ピンチの時は協力体制で助け合います

ここ最近ではリモートワークが導入され、社員同士が顔を合わせる機会が減ってしまいました。しかし、そんな中で感じたのは、上司が私たち部下の気持ちを汲んでいこうとする、離れているからこその思いやりです。出社できなくても、相談しやすい環境が整っていて、社員が大変そうな雰囲気があれば、上司が声をかけてくれました。また、他部署の同僚や先輩たちとも、互いに情報を共有して助け合える体制がありました。

入社当初の私は、苦手なことを諦めてしまう部分がありましたが、今は最後までやり抜く責任感がついてきました。このように自分自身の成長を感じることができるのは、一緒に働き支えてくれる社員の皆さんのおかげだと思っています。

グループ会社の応援で不安が解消
先輩社員の知識にも助けられます

入社当初は、労務の仕事に不安を感じることが多くありましたが、グループ会社の人事担当者には経験豊富な方がとても多く、皆さんの助けを借りて乗り越えることができました。グループ間で知識を共有できるのは、大きな企業ならではだと思います。今でも、グループ内の人事担当者同士でリモート会議を行うことがあり、そこで交換できる様々な情報や意見はいつも大変勉強になります。

労務の知識を知ってもらい
人生プランを明るく見直し

「食べることは生きること」という言葉どおり、食は生活する上で不可欠なものです。消費者の皆様の、大切な営みに関わらせていただけることを、とても誇らしく感じています。スーパーの店頭で自社製品を見た時は、消費者の皆様の笑顔を想像します。自社製品を買って帰り、家族が「おいしい」と喜んでくれた時は、とても嬉しく思います。私は、社会に貢献できていることに喜びを感じながら、日々の業務に取り組むことができます。

今後は、研修などを通して、社員の労務知識の向上を目指し、社会保険や年末調整、退職金の運用方法など、安心な人生プランを設計するサポートをしていきたいです。最前線に立つ営業職の社員が、取引先様と良い関係を築いていけるよう、私たちも全力でバックアップしていきます。

CONTACTお取引、商品に関するお問い合わせはこちらお問い合わせフォームをご活用ください